スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
Entry: main  << >>
○○の海
久々に出た明石の海。本日のお題は蛸です。
明石蛸といえば超ブランド品。近所のスーパーでは、小さな足一本がなんと500円なり。大きい足だと、1000円!!モロッコからの輸入が減り、ここのところ蛸の値段はうなぎ登りです。

タコ釣りというのは、どうするのか。普通タコといえばタコ壺。ロープに結びつけたタコ壺を海底に下ろして、タコが入るのを待って引き上げる。ええ、本職の明石の漁師さんたちはそうやってタコを採ってます。

しかし我々アマチュア釣り師はタコテンヤというものを使います。
どういうものかといえば、こんな。

タコテンヤ

餌をくくる柄の先に大きなひっかけ針のついたようなものを海底に下ろし、タコが餌を食べに来ると大きく合わせてそのひっかけ針でタコを引っかけます。

しかしこれがなかなか難しい。

タコが乗って、グ〜ッと重くなったら合わせればいいのですが小さいタコだと乗ってることすら分からない。そこを微妙な重さの変化を感じ取って、大きく合わせる。これは釣り冥利に尽きます。
実際、明石の釣りで一番楽しいのがこのタコ釣り。次はウマズラハギ。

2週間前にいって、37匹釣りオレって天才!?と思ったのですが、本日の釣果はなんと50匹!!!
しかもどれもいいサイズで、700〜800gはある。

前回クーラーに入り切れず今回もうワンサイズ大きなクーラーを持って行ったのですが、やはり入り切らない羽目に。
釣り宿でゴミ袋をもらってきて、それに詰め込みました。

取りあえず10匹だけ家用に置いといて、残りはなじみのスペインバルへ。
もらっていただきありがとうございました。
明日から、お店ではタコずくメニュー満載でしょう。

シンクからあふれ返るほどのタコ。ちなみにこのタコの海の厚みは15cmくらいはあります。

タコの海

それにしても、竿頭(船中で一番釣る人)で73匹。結構健闘したほうやと思います。
爆超タイムはまさに入れ食い状態。

今年のタコはこれで終わりかなぁ。
| 22:30 | - | - |
スポンサーサイト
| 22:30 | - | - |