スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
Entry: main  << >>
半年ぶりのお題目
夏の間は多いと週に一度は出かけるのですが、冬の間は休みとなれば雪山にこもるので、ほとんど釣行はいたしません。そんなわけでまさに半年ぶりの釣行に行ってきました。

お題は鍋にすると旨い魚。

鍋にして美味しい魚。まず思いつくのが、河豚。これは鍋の王様か。それから鮟鱇、これは女王様といった所?
そうそうもう一つ凄いのはクエ、九州で言うところのアラ。これはまさに鍋の帝王です。

ところが以外に知られてなくって、実はそれらに引けを取らない美味しい魚に「オニカサゴ」があります。
捕れる量も少なくてなかなか魚屋さんに並ばないお魚ではありますが、そのぷるぷるした引き締まった肉と奥深い味わいはもう絶品。もちろん今の季節、そうそう鍋というわけにはいきませんが、刺し身、中華蒸し、唐揚げ、何にしても美味しい。

良く行く船宿で、これの釣れるシーズンは、大体冬から春先にかけて。しかしこのシーズン日本海は荒れる事が多く、船酔いに弱い私にとってはまさに鬼門。
しかし先日この釣りのシーズンオフぎりぎりに、天候晴れ、波高1m以下と言う絶好のチャンスがやってきました。

釣り場まで約1時間。到着するとまさに海はべた凪、瀬戸内かと思うような海面。この船宿に来ると、大概の場合1,2時間で船酔いになり、後は自前の撒き餌をしながら(ゴメンナサイ)釣り続けるという地獄が待っているのですが、今日に限ってはその心配も無さそうです。

船長の合図でそうそうに釣りを開始したのですが、海がべた凪という事は潮も流れておらず、潮が流れないと魚も食わない。周りを見渡しても、当たりすらない状況が続きます。
周りの方にとってはまさに運の悪い、いただけない状況なのでしょうが、私にとってはまあこんなのも有りかな?船酔いしないだけでも大満足。
おまけに、いつも船を降りてから食べる昼飯用のおにぎり(もちろん朝は吐かないよう抜いています)まで、船の中で食べてしまいました。この船で乗ってる最中何かを食べるというのは初めての経験!!

おにおこぜ2.jpg

釣果の方は、結局1時間かけて行った遠くの一級ポイントではほとんど釣れず、帰りがけによった近場のポイントで何とか数を伸ばし、計4匹。うちで食べるのにはこれでも多いくらい。後はカレイが少々と、カジカと言う魚。なんでもこれが釣れるとその日は駄目らしいのだけど、みそ汁にするとびっくりするほど美味しい魚です。

釣果.jpg

驚いたのはたまたまこの日にサンケイスポーツの取材があり、記者の方と釣具メーカーがまかつのインストラクターの方、それにゲストとして元阪神タイガースおよびゴールデンイーグルス初代監督の田尾さんが乗っておられた事。
実は田尾さんとは、今までこの船で偶然ご一緒する事は何度かありましたが、新聞社の取材に立ちあったのは初めてでした。

おまけに記者の方に写真まで撮っていただきました。ありがとうございます。
水曜日の記事にされるそうなので、これから水曜日はサンスポを買おうっと。

鬼オコゼ(田尾).jpg
| 23:51 | - | - |
スポンサーサイト
| 23:51 | - | - |