スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
Entry: main  << >>
大井歯科医院もつ鍋会 2月定例会
同好の士というものはいろんなジャンルにわたって存在するもので、こと食べ物に関して言いますと、それこそありとあらゆるものがあります。

大井歯科医院にも実はあるジャンルに特化した、同好の士のグループが存在しています。

その名も、「大井歯科医院もつ鍋会」。
その他に「お寿司の会」とか、「フレンチの会」とか言うのがあるわけでは無く、ただこの「もつ鍋」のみ存在します。

なぜもつ鍋? その存在理由は? いつから会は存続している? その一切が知られておりません、まさに謎に満ちた会です。
どうやら現会長はチーフの望月、会員は現在の社員のほとんど、アルバイトの一部、退職した社員アルバイト等。

活動方針はどうやら月に1〜2回、新たに開拓したもつ鍋屋にチャレンジする事。

実は私ももつ鍋は決して嫌いじゃなく、密かに自分で美味しいなというお店を隠し持ってたりするのですが、はたしてそこが一般の基準からするとどうなん?
「大井歯科医院もつ鍋会」の公正で厳格な基準に、照らし合わせていただくことにしました。

そんなわけで先日、院長プレゼンツ「福島へもつ鍋を食べに行こう!!」が行われました。
場所はJR福島駅すぐの「もつ鍋チャンピオン」。
ここはしょうゆ系で今まで自分が食べたなかでは一押し。はたして、彼女たちのお眼鏡にかなうのか?



生レバーを食べながら、ビールで乾杯。もつ鍋ができ上がるのを待ちます。
七味をたっぷりとかけ、まず一口。トッピングで頼んだ牛テールが口の中でとろけます。ちょっとあっさり目のだしが何とも言えません。



どうやら、彼女たちのお眼鏡にもかなったようです。副会長の加賀さんによれば、「1番じゃないけど、いい線いってる。」とのこと。おまけに甕のくろまっこりには、みんなご機嫌です。

大役を果たし、ほっと一息。今度は彼女たちお勧めのとこに行って見るか。
ちなみにそこは、塚口にあるらしいですよ。
| 19:20 | - | - |
スポンサーサイト
| 19:20 | - | - |