Page: 2/9  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
生まれ変わりました!!
開院後16年目、初めての大掛かりな院内改装、リニューアルオープンから3週間が経ちました。
やっと新しい環境にもなれ、物の置き場所も体が覚えるようになってきました。

今回診療室の中に靴のままあがっていただくようにしましたが、それが今までとの一番の違いでしょうか?
一般の病院ではどこでもそうなので、これはさほど抵抗なく受け入れていただいているようです。

今回の改装にあたってのメインテーマは3種類の木目トーンです。

受け付け回り

奥壁

待合室の壁と、診療室の突き当たりにそのテーマのオブジェが取り付けられており、パーティションもそのカラーで統一しています。グリーンの天井と色合いを統一した診療チェアサイドの椅子。こちらには荷物を置いていただいてもいいですし、付き添いの方に座っていただいてもいいようになっています。

診療室

「まるでホテルのよう」「違うところにきたのかと思った」等、患者様にはほんとにご好評をいただいているようです。

そして我々診療する側から一番変わったところは、レントゲンがデジタル化されたこと。

これまでのレントゲン写真と違い、非常に大きく表示することが可能になり、患者様にもわかりやすく説明することが出来るようになりました。
また、X線の照射量も今までの半分以下ですむので、これはいいことずくめです。

受け付け回りの使い勝手もよくなり、カルテの準備も早くできるようになったので、お待たせする時間が短くなったこともなによりです。

今後また新しい機材の導入も予定しておりますので、より一層の次元の高い診療をご提供できることと思います。

生まれ変わった大井歯科医院を、今後とも宜しくお願いいたします。
| 14:18 | - | - |
もう後、秒読みです!!
大井歯科医院も今年ではや16年目。
震災一月前の12月3日にオープンし、開院後一月ほどですぐに震災にあったのも、今では思い出となりました。

時の経過に伴い、建物も少し古びて参りましたので、院外は平成19年に大規模な改装を行い、
暖かな木材と無機質なメタルのコンビネーションのイメージで、リフレッシュいたしました。

院内も今まで壁紙の張り替え等の改装は行ってまいりましたが、
この度新しい機材の入れ替えにあわせ、あらためて大がかりな改装を行い、より一層の質の高い医療を目指していこうと思います。

トップページのお知らせにもありますが、改装期間の間8月5日(木)から8月19日(木)の間、
お盆休みを挟みまして休診期間を取らせていただきます。
長期にわたる休診期間で患者様にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
誠に申し訳ありません。

しかし開院始まって以来の大掛かりな改装、やることは山ほどありました。

今回の改装部分は、待合室、トイレ、受付、診療室、技工室、消毒滅菌室、院長室(削られます)など、院内の8割方に及びます。
ほとんど手を付けないのはスタッフルームとスタッフ用トイレくらい。
つまり、それ以外においてある診療用の機材、カルテ等は、すべてどこかに片づけないといけません。

どこに片づけるかって? 残るはスタッフルームしかない!!
しかし、4畳半ほどのスタッフルームにそれらがすべて入るのか?

おまけに、それらすべてを入れる段ボール箱が足りない!!
こつこつと以前からためてはいたのですが、どうも足りそうにない。
段ボール箱って、ホームセンターなどに売っているのでしょうか?
もし引っ越ししたばかりでお家に余っている方がおられましたら、直ちに引き取りに伺わせていただきます(笑)。

こういう事はほんとに直前にならないと動かないし、動き始めるとあっという間に日が経って行きます。
そのことをつくづく思い知らされました。

連日、昼休みや診療が終わってからは各関係者との打ち合わせ。
スタッフを交えての設計の打ち合わせも、使い勝手を考慮して2転3転いたしました。
さてこれらがどのように結実するのか? 非常に楽しみです。

ただ残念な事は、診療用のチェアの交換が、メーカーの発売の関係上11月まで待たなければいけない事。この時がほんとのリニューアルの時なのかもしれません。

休診期間あけは、より高度な先進性とホスピタリティあふれる医療を、皆さまにお届けすることが出来ると思います。
そんな大井歯科医院にぜひ足をお運び頂けますよう、よろしくお願いいたします。

P.S. 22日の日曜日、午前10時から午後2時まで内覧会を開催いたします。
清潔感と温かみのある空間をどうぞご体感ください。

当日は同時に無料相談と鵜のさまざまなイベントを開催しておりますので、お気軽にお越しください。
| 23:21 | - | - |
現実が、夢を追い越す!?
わくわくしている。

今まで使ってきたノートPCが結構年代物で、そろそろ買い替えるとしたらやはりiPadだろうし、どうしようかと迷って、Wifiか3Gかプリペイドか、どれがいいのか色々調べていたら、ふらふら検索しているうちに、自分の蔵書を一冊100円でPDF化してくれる業者がある事を知りました。

BOOKSCAN(ブックスキャン)

蔵書をPDF化するのを商売にすることは、著作権法上、今は微妙な立ち位置にあるらしいが、自分で本を裁断しスキャナーで取り込むための一式を貸し出すという業者も見つけた。こちらの方は、法に触れないらしい。

scanbooks.jp(スキャンブックス)

親しい友人が確か以前に、同じような事をやっていたなぁと思ったのだが、どうやらiPadを使うとPDF化した本を非常に快適に読む事ができるらしい。

いくらPDF化したとしても、自分のPC(ノート含む)の中に入っていると、おいそれと読む気は起こらない。
またiPhoneも画面が小さすぎて、スクロールしながら読むなんて、煩わしい事この上なしである。

しかし、iPadは別だ。

そのままページをめくる動作をすると、実際に画面の上でページがめくられる。おまけに非常に軽く、薄い。何冊でも持ち歩けるし、これは昔CDの時代に、いつも自分の持っている全部のCDを持ち歩いてどこでも聴けるなんて夢みたいだったのとおんなじ。PDFで軽くなったデーターなら、もしかすると自分の持っている本をすべて携帯できるかもしれない。

これって、ほんとに夢のようだ!!

自分は本を捨てられない人で、いつも処分する本を選ぶのが凄いストレスなのだが、これも無くなる。本を捨てなくていいなんて!!!

おまけにOCRにかけるとテキストになり、検索までかけられるらしい。

これってものすごいことじゃない?

たとえば、自分の買った雑誌をすべて持っていて検索出来れば、美味しいお店の情報とか、海外の旅行の情報など、いつでもとり出す事ができる。

昔買った漫画でおそらくもう二度と読まないけど思い出があって捨てられないし、、、といったものも、又いつでも読む事が出来る安心感とともにスペースを気にせず取っておける。

特に中学生当たりから読み出している早川文庫、創元推理文庫、サンリオ文庫、などのSF部門に関しては、今までに出版された分の7割くらいは買っており、そろそろ紙質自体が怪しくなってきている。

かるく1500冊を超えるそれらの本のほとんどは、もう今は絶版で、二度と再版される可能性のない物ばかり。日の当たる所に保管しているわけではないのだが、しょせんは文庫本。ページをめくろうとすると、本じたいが崩壊しそうなものすらある。

これらをすべてPDF化し、iPadの中に収められるとしたら、ほんと夢のようだ。

ただ惜しむらくは、それらの本がほとんどすべて初版なのに、PDFには初版もくそもないといったところか。

あと、今スペースが厳しくなってきているのは未読本。いつか読もうとカバーをかけたまま積んである本のスペースが、読了ずみの本のための専用書架を侵食してきている。

いっそこれらも買ってすぐ裁断し、PDF化すれば読むのに追われる心配も無くなるか? でもそれやると、ますます溜まる一方やな。
| 22:26 | - | - |
半年ぶりのお題目
夏の間は多いと週に一度は出かけるのですが、冬の間は休みとなれば雪山にこもるので、ほとんど釣行はいたしません。そんなわけでまさに半年ぶりの釣行に行ってきました。

お題は鍋にすると旨い魚。

鍋にして美味しい魚。まず思いつくのが、河豚。これは鍋の王様か。それから鮟鱇、これは女王様といった所?
そうそうもう一つ凄いのはクエ、九州で言うところのアラ。これはまさに鍋の帝王です。

ところが以外に知られてなくって、実はそれらに引けを取らない美味しい魚に「オニカサゴ」があります。
捕れる量も少なくてなかなか魚屋さんに並ばないお魚ではありますが、そのぷるぷるした引き締まった肉と奥深い味わいはもう絶品。もちろん今の季節、そうそう鍋というわけにはいきませんが、刺し身、中華蒸し、唐揚げ、何にしても美味しい。

良く行く船宿で、これの釣れるシーズンは、大体冬から春先にかけて。しかしこのシーズン日本海は荒れる事が多く、船酔いに弱い私にとってはまさに鬼門。
しかし先日この釣りのシーズンオフぎりぎりに、天候晴れ、波高1m以下と言う絶好のチャンスがやってきました。

釣り場まで約1時間。到着するとまさに海はべた凪、瀬戸内かと思うような海面。この船宿に来ると、大概の場合1,2時間で船酔いになり、後は自前の撒き餌をしながら(ゴメンナサイ)釣り続けるという地獄が待っているのですが、今日に限ってはその心配も無さそうです。

船長の合図でそうそうに釣りを開始したのですが、海がべた凪という事は潮も流れておらず、潮が流れないと魚も食わない。周りを見渡しても、当たりすらない状況が続きます。
周りの方にとってはまさに運の悪い、いただけない状況なのでしょうが、私にとってはまあこんなのも有りかな?船酔いしないだけでも大満足。
おまけに、いつも船を降りてから食べる昼飯用のおにぎり(もちろん朝は吐かないよう抜いています)まで、船の中で食べてしまいました。この船で乗ってる最中何かを食べるというのは初めての経験!!

おにおこぜ2.jpg

釣果の方は、結局1時間かけて行った遠くの一級ポイントではほとんど釣れず、帰りがけによった近場のポイントで何とか数を伸ばし、計4匹。うちで食べるのにはこれでも多いくらい。後はカレイが少々と、カジカと言う魚。なんでもこれが釣れるとその日は駄目らしいのだけど、みそ汁にするとびっくりするほど美味しい魚です。

釣果.jpg

驚いたのはたまたまこの日にサンケイスポーツの取材があり、記者の方と釣具メーカーがまかつのインストラクターの方、それにゲストとして元阪神タイガースおよびゴールデンイーグルス初代監督の田尾さんが乗っておられた事。
実は田尾さんとは、今までこの船で偶然ご一緒する事は何度かありましたが、新聞社の取材に立ちあったのは初めてでした。

おまけに記者の方に写真まで撮っていただきました。ありがとうございます。
水曜日の記事にされるそうなので、これから水曜日はサンスポを買おうっと。

鬼オコゼ(田尾).jpg
| 23:51 | - | - |
○9歳の春
この時期が近づくと関心事の一番は、G.W.。3月連休が終わった後は、早くG.W.が来ないかなとそのことだけを心の支えにして、日々を乗り切っています。

で、やっとまいりましたG.W.。当院では今年は木曜日の休診日が続けてありますので、なんと5連休になります。
毎年のことですが、私事ではこの辺りにもう一つ特別な日?があります。実は私の誕生日は5月1日、メーデーの日。奇しくもブルーカラーの祭日。

医療の世界では、頭脳を使う内科系をホワイトカラーとするなら、外科系は肉体労働のブルーカラー。歯科も外科の一分野になりますので、この職業を生業とする身としては、まさにぴったりの誕生日です。

しかし、いつもこの辺りはG.W.のことで自分の頭はいっぱいになり、誕生日のことも忘れる始末。家でももちろんG.W.で舞い上がっていますから、誰も私の誕生日の話なんてしてくれません。
そんなわけで今年もすっかり忘れていましたら、スタッフの子が思い出させてくれました。

「院長、明日はお誕生日ですね、おめでとうございます。おいくつでしたっけ?」
「あっそうか、すっかり忘れてたわ。39歳、39歳」
「またまた〜(爆)」

今朝も朝の朝礼でみんなにおめでとうを言ってもらい、う〜ん、うちの子は良い子ばかりやなぁとご満悦。そこへもって、診療の合間にふと院長室に休憩しに戻ると、こんなものが置いてありました。



ほんとに良い子ばかりです。ありがとうね、みんな。

さあ、明日からは我々も待ちに待ったG.W.。私は今晩から信州白馬に、今シーズン最後のスキーへ行って参ります。
それではみなさん、楽しいG.W.をお過ごし下さい。
| 12:46 | - | - |
出会いと別れと中華
新歓

春は色々な事が起こります。

別れが有り、出会いがある。そして、「兄貴」の偉大な記録もついにストップ。連続試合全イニング出場が、1492試合でついに止まるなんて、、、苦渋の決断だったのでしょう。早く怪我を治して、又活躍して欲しいものです。

それはおいといて、大井歯科医院で3年間診療に携わってくれた住田先生と、4年間頑張ってくれた赤垣先生がとうとうそれぞれ、大井歯科医院を卒業する事になりました。

住田先生は、クマさんのようなおっきな体とベビーフェイスな笑顔が、子供たちにはとても人気のDrでした。「ちょ、ちょ、ちょ」と言う彼の口癖がもう聞けないと思うと、とても寂しい気がします。彼の事ですから、又新しい職場でもフレンドリーなDrとして人気者になるでしょう。

赤垣先生は、大阪大学口腔外科のスペシャリストとして無事大学院を卒業され、新しく豊中市民病院へ赴任していかれます。いつでも患者さんの話に耳を傾けてくれる、そんな彼は市民病院にとって非常に大きな戦力となるでしょう。

また、新しい出会いもあります。

大阪大学からは、新しい二人のDrがいらしてくれました。

まず、常勤の先生として田村先生。とても明るく、きめ細やかな彼女ならきっと、新しい大井歯科医院の大きな助けとなってくれるに違いありません。彼女の趣味は、お料理?だったかな? 私もお昼時のサプライズに密かに期待しております。

そして、月曜日の午後から来ていただけることになった清水先生。彼はキャリアも長く、東大阪の市民病院から赴任してこられました。口腔外科のスペシャリストなので、私も色々と教えてもらえると思います。

スタッフも新たに充実し、生まれ変わった大井歯科医院をどうかよろしくお願いいたします。


写真は新歓と送別会をかね、塚口の愛蓮に行ったときのものです。
| 23:01 | - | - |
今年の桜は、、、




今年の桜は、どうやらだいぶ早いようです。

昨日、桜の名所、夙川公園を訪れたところ、もうすでに桜が咲いているのにビックリしました。
例年なら4月の第一週の終わりくらいからでしょうか。それより2週間近くも早くなっており、今年の花見は結構寒い花見になるかも知れません。

3月といえば別離のシーズンです。卒業、転勤、いろいろありますが、大井歯科医院でも何人かが新たな人生に旅立っていきます。

大学を卒業し、社会人として新しい生活をするアルバイトのスタッフも、大井歯科医院での経験が、きっと役に立ってくれることと思います。

ドクターにも大井歯科医院を旅立っていくものがおります。今まで4年間、大阪大学口腔外科の医局からお手伝いにきてくれていた赤垣Drが、この度大阪府の某市民病院に赴任されることとなりました。

明るい性格でスタッフや子供たちに人気の彼のこと、きっと新しい職場でも活躍されることと思います。

4月からは、また新しいDrも参加してくれます。今年度もますます充実した医療に邁進していこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
| 20:07 | - | - |
ミス・ダンデライオンを想う
「おとといは兎を見たわ。きのうは鹿、今日はあなた。」


劇団キャラメルボックスのミス・ダンデライオンを観てきました。
今回の演目は「クロノス・ジョウンターの伝説シリーズ」の「ミス・ダンデライオン」と「南十字星駅で」。

ともに原作は梶尾真治 こと、梶真さんです。梶真さんの小説はほんとに暖かな心温もるハッピーエンドが多く、もちろんこの二つの原作もハッピーエンドです。

ちょうど私が20歳の頃、岡山大学はSF文学ファンクラブというのに所属しておりまして、渉外を担当していました。
当時、学園祭にSF作家を招いて講演をしていただこうという企画が有り、当時有名だった小松左京さんとか、筒井康隆さん、新井素子さんなどにお手紙を書いて出席をお願いをしたのですが、やはりみなさんお忙しく、お断りをいただいてばかりでした。
その時奥様と二人で来てくださったのが梶真さん。打ち上げで、夜一緒に岡山の屋台で飲んだのは私の大切な思い出です。

その時感じたのが、この方はお書きになるものと同じようになんて優しい素敵な方なんだろうと。
ほんと、小説と同じような雰囲気を持つ方でした。その梶真さんとキャラメルボックスの共演、面白くないわけがありません。

内容は、タイムトラベル物。クロノス・ジョウンターというタイムマシンをめぐって繰り広げられる二つの物語、その中でも「ミス・ダンデライオン」は私の一押しです。

ロバート・F・ヤングの名作、「タンポポ娘」をモチーフにしたこの作品の中で、主人公の女医、鈴谷樹里は19年前に難病で無くなったヒー兄ちゃんを救うため、19年前の過去へ飛びます。はたして彼女は思いを遂げることが出来るのか?そして、タイムマシンの過去へ飛ぶ副作用は?
そのあたりも、さすが梶真さんというみごとな結末を迎えます。

みなさん、まだ当日券はありますよ。
ちなみに冒頭の一文は、「タンポポ娘」の名台詞。この演劇の中でも重要な役割を担います。
| 14:03 | - | - |
半額、890円!!
以前も話題にしたことがあるけれど、時々無性に食べたくなる物がある。

それは時に、KTCの油ぎとぎとのフライドチキンであったり、大勝軒のぬるいつけ麺であったり、深山の(あっこれ、白馬にある焼き肉屋さん)焼けば油が落ちて体積が半分くらいになるミノサンドだったりするのだが、私にはさらにもう一つ、物凄く衝動を抑え切れなくなる物がある。

それは、、、ふな鮨。

そう、関西の食材にもかかわらず、関西人でおそらく食する事の出来る人は、納豆よりも少ない?とされる、あの食材である。

昔から発酵物には目のない私にとって、チーズといえばウォッシュ系、納豆、くさやもなんのその。いずれは是非例のスウェーデン製缶詰めを試してみたいのですが、もちろんふな鮨も大好物の一つ。

しかしこれがなかなか売っていません。
どうしても食べたい時は、今までは京都は錦の専門店までわざわざ出向いておりました。

それが先日近所のスーパーで思わぬ遭遇。しかも、半額890円なり!!

ふな鮨

もちろん残っていた5パック、すべて買い求めてしまいました。
一パックの量はちょうど酒のつまみ一回分にぴったし。

おまけに、スライスしたふな鮨の下にはちょうどよい量の飯(いい)が敷き詰めてあります。
この飯(いい)とは、ふな鮨を造る時に鮒と鮒の間に詰めるご飯の事。ちょうどほろ酔いあんばいに発酵して、少し固めでつんと酸っぱくなっています。

それを、沖縄の豆腐ようを食べる時のように、ちぴっとづつ口に入れながら飲むお酒の美味しい事、美味しい事。ほんま、やめられません。

飯(いい)

もしかしたら、あなたも食わず嫌いかも?是非お試しください。



エピローグ

手持ちのふな鮨も後2パックになった昨日、再び例のスーパーを訪れた所、なんと又新たな10パックを発見!!しかも現在30%off。

半額890円まで、後少し、、、かな?
| 23:05 | - | - |
2010の始め方
皆様、明けましておめでとうございます。って、もう二週間も経ってるやん!?
そう、その通りでございます。

いや〜、だらだらとした正月に加え、続いてだらだらとした連休。連休空けてやっとこさ重たい腰を上げ始めた、今日この頃といった所でしょうか?
でもほんと休みの過ぎるのは早いです。いつまでも残っているのは、増えた体重のみ?

まずはスキーネタから。
2010年のスキーはフラットと内足?とグラフィックに書いてありました。
正月にスクールに入ったのですが、雪がもこもこで何が何やら分からず。結局パウダーばかり滑ってしまい、これはまあこれで良いか。
しかし今年は暖冬という予想は大外れですね、気象庁さん(ホクホク)。姫路のブーツ屋のおやじさんの言ってた、「今年は北部にカメムシが多いから、大雪や」という予報が大当たりでした。

酒ネタ
冗談抜きで最近弱くなりました。量が呑めないというより、呑んだらすぐ寝てしまう?
う〜ん、これは年のせいかそれともダイエットの影響?プロペシアは関係ないよね。
ワインの後は焼酎が多かったのですが、こないだスキーでウィスキー呑みが集まった時、ラフロイグでハイボールを造りましたがこれがいける!!是非一度アイラのハイボール(少し濃いめに)をお試しあれ(ゼイタク!!)。

初物
そういえば、その時した鍋はアンコウ鍋。「クエかアンコウ」という我儘な友人にすがられて急きょ手配したのですが、実は私人生初アンコウでした。
う〜ん、クエよりはるかにコスパがいいし大満足。でも、鍋にマロニー一袋全部入れるのはもうよしましょう。

映画ネタ
「アバター 3D(吹き替え)」と「アバター 2D(字幕)」を見比べてきました。でもやっぱり3Dの方が圧倒的にいい。根が素直なせいか、監督の見せたいままに自然に3Dの部分を追って行けました。3Dの後に2Dを見るとやはり物足りないかも。逆なら有り?
「のだめ」、面白かったです。でも、もう一作あるのですね。今回は最終章の前編のみ。でも漫画の終わり方があれでは、映画もあまり期待出来ないかな。

車ネタ
そうそう、ナビのTVが壊れました。TVチューナ(Bcasカード)のみ映らないので、あまり支障は無いのですが、取りあえず保証期間なので直してもらうことにしました。今車上荒らしにあったように、ごそっとそこの部分がありません。これで車上荒らしにあうことは無い?究極のカーセキュリティー?


なんやかんやで、いつもとあまり変わらない年のスタート。今年もよろしくお願いいたします。
| 23:01 | - | - |